日本代表5vs0タイ 選手採点

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

試合内容のレビューはこちら

結果は5-0と大勝でしたが、新顔の採点としては明暗が分かれたように感じる試合でした。
5.5が及第点の10点満点評価です。

目次

DF陣は及第点 佐野がMOM

GK 鈴木 5.5
ピンチも少なかったが落ち着いて対処したし、少しづつ代表での鈴木ザイオンに自分が慣れてきた感じがします。

DF 毎熊 5.5
前半攻めあぐねるチームの中でなんとかしようという気概は感じられました。
CBが攻めあがれるとチャンスになりやすい相手の守備ブロックですが、CBを上げさせて数的同数で守るようにするには少し不安に感じる守備強度ではありました。

藤井 5.5
代表デビュー戦。
普通なら22歳のデビュー戦としては上々の落ち着きでしたが、ここはライバルが強力なのでアピールという観点から見ると、少し大人しすぎた。
攻めでのボールの持ち出し、対人守備で下がらず前に潰しに行くなど、特に前半はうまくいっていないチームの中でアピールができる機会が多かったので、もっとアグレッシブにいって欲しかったと思いますが、安全策を優先したように感じるプレイ内容でした。

町田 5.5
デビュー戦の相棒を引っ張る形で、バランスを取るのに終始した試合。
CKでの高さもアピールできずとスタメン争いに食い込んでいくためには、少し消化不良に感じる内容でした。
それくらい板倉・富安の壁が高いということですが。。。

森下 5.5
ライバルが守備に特徴がある選手なので、攻撃面でアピールしたかったが、開始早々裏への飛び出しで後手に回るなど、守備面での強度に不安を感じさせた試合。
攻撃も奥抜を引っ張れず単発に終わるなど、アピールしきれなかった試合でした。

佐野 6.5 (MOM)
一般的には堂安or中村がMOMだろうが、個人的に試合全体での貢献度を考えてMOM
拾えて運べてゴール前にも飛び込めると能力の高さと幅を存分にアピールした試合になりました。

前に出てボールをハントできるので、遠藤のとの共存もおそらく可能なのでアジア杯での本格ブレイクが楽しみな存在になってきました。
この大会で世界に見つかって夏移籍する可能性がとても高いと思っています。

田中 6.0
苦悩する前半とイキイキした後半のギャップが一番大きかった選手。
前半は伊藤涼太郎と使いたいエリアが被り、
前線への飛び出しもスペースが見つからずで、
自分の居場所が見つからないけど、停滞する攻撃をなんとかしようと色々工夫したが不発。

後半はスペースがたくさんできて活性化して、しっかり先制点をゲットと
落差の激しい試合でしたね。

役回り的に急造チームのバランサーになることが多いように感じる選手です。

奥抜は代表レベルではないかなぁ・・・・

伊東 6.0
主力組からの唯一の出場で、キャプテンという立場でのプレイとなり、攻撃陣をなんとか引っ張って行こうとした前半だったが、言葉でチームを整理するタイプから正反対の人物なのでキツかったか。

それでもボールが入った時のプレイの質は周りと2,3段階高く、ゴールを感じさせるプレイの大半は伊東純也絡みだった。

伊藤涼太郎 5.0
前半の始まりからの伊藤がボールを持ったら周りが動き出すが、はまっている時間は自分もシュートチャンスを迎えるなど輝いた。
が、パス出しメインがバレて、左が停滞してからはトーンダウンして試合から消えた。

パス以外に自分でも崩せる堂安・久保
相手を背負う強さもある鎌田

と、供給する以外の強みと良さがないと厳しいことを感じさせる試合で、悔しい結果となった


奥抜 4.5
5.0か迷ったが、左でどれだけマークを引きつけられるかが生命線なのが顕著になった試合で、後半の中村との差がはっきり出てしまったので、厳しい評価にしました。

スピード面、強さ面、ボールの引き出し、クロスへの飛び込みと色々な面で対面のタイ選手と5分5分だったのは日本代表を務めるには厳しいと思います。


細谷 5.5
得点はできませんでしたが、前線の基準点になってクロスへの飛び込みでスペースを作ったり、CKからのオウンゴールを誘発したりと内容としては及第点でした。
得点もチャンスが回って来なかっただけなので、内容としてはちゃんとアピールできたように感じます。

堂安 6.5
格の違いを見せつけてしまった試合。
ドリブルでの仕掛け、味方を使ったパス出し
相手の動きの逆をとるプレイ選択で相手を翻弄し続けて、やりたい放題の後半45分でした。

中村 6.5
堂安と前半の問題を一気に解決して、ちゃっかりしっかりと得点もしてしまう後半45分でした。
1vs1での仕掛けでのうまさもさることながら、奥抜との差を特に感じたのは後方からのボールをハーフウェーラインで受けた時に背負いながらも、前に向ける体の強さの部分でした。

後半開始早々のプレイで中村がターンで一気にひっくり返したプレイから波状攻撃が始まり、タイが前へ潰しにいくプレイができなくなったので、影響力も含めてとても大きい存在でしたね。

まとめ

他の交代選手は、堂安・中村が入って試合の流れが一方的になってからの出場だったので、無しにします〜
次戦はアジア杯本戦です!楽しみダァ〜〜〜

最後まで読んでくださりありがとうございました〜〜
他の記事も見てね!

JリーグはDAZNで独占配信
です!
Jリーグの他にも
●久保建英の試合を含むスペインリーグ
●伊東純也のフランスリーグ
●鎌田大地が移籍したイタリアセリエA
●日本人多数プレイのベルギーリーグ
も視聴可能↓↓↓

DAZN

ABEMAでのDAZNパックも出ています!
詳しくは下記のABEMAをチェック。

三笘薫・富安・遠藤のプレミアを見るならU-NEXT経由でのSPOTV NOWがオススメ
SPOTVでは
●上記3人所属チームを含むプレミアリーグ全試合
●鎌田大地が移籍したイタリアセリエA
●古橋や旗手のいるスコットランドリーグ
が見れます

U-NEXT単体では
●久保建英の試合を含むスペインリーグ
が見れます(解説陣はDAZNよりU-NEXTの方がおすすめ)

U-NEXTの月額会員加入で毎月もらえる1,200ポイントで「SPOTV NOWパック」が実質800円に!
31日間の無料体験もできます(登録時には600ポイントもらえる)
※本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
↓↓↓

U-NEXT


プレミアリーグはABEMA TVでも視聴可能
●三笘の出場試合など厳選したプレミアリーグ3試合を毎節放送
●古橋や旗手のいるスコットランドリーグ
も視聴可能です。
放送節によっては無料会員でも視聴できます!
↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次